らっきょうを自分で漬けたい

らっきょを漬けようと思っています。
梅干は毎年漬けていますが誰も食べようとしません、

らっきょうは、カレーライスのときに食べたいと言うので買ってくると、
あっという間になくなります。

ずいぶん前の事らっきょうを漬けた事があります、
1ケ月過ぎた頃らっきょうの歯触りがなくなった覚えがあり、
がっかりしてそれから漬けていません。

でもらっきょうが好きなようなので今年は漬けてみます、
漬け方はネットで検索します。
美味しく出来る事を願ってあと少しして安くなったら買います。

大粒のらっきょうが好きですがらっきょうは3年物が良いと言います。
効能には冷え性に効果が有ると言う。
冷たい食べ物ですのに知りませんでした、
らっきょうもまた血液にいいんですね。

先日みたときよりも安くなっていました、
早速2kだけ買ってきましたネットで漬け方を検索して下処理をしましたが、
案外時間がかかりました。
大粒の方が高いことも分かりましたが美味しそうなので大粒を買うことに、
出来上がるのが楽しみです。

らっきょうは5月ごろから店頭に並びます、6月から7月頃までに買わないとあっという間に店頭から消えてしまいます。

店頭には綺麗に洗ってすぐ漬けられるように掃除されているものもありますが、
歯触りを楽しみたい方はつち付らっきょうで漬けなければいけないそうです、
らっきょうのシャキシャき感が好きだすからつち付を購入しました。

根っこがついているままお米をとぐようにシャシャと洗い、ゆすぎ後に土が残っていない事を確認しながら良くゆすいで水切り後根っこと頭になる所を適当に切って整形したあと薄皮をむいて、さっと湯通しをしたら後は一晩水切りします。
湯通ししたらっきょうはつるんとしてピカピカに光っています、分量の調味料を沸騰させて冷ましたら、らっきょうと合わせて完了です、綺麗に出来ました。

しばらくの間は毎日瓶をゆすってつけ具合を見ると言う、
日に日にらっきょうはかがやくようにつるんとして、
思わずらっきょうに「わあっべっぴんさん」と声をかけました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>